太陽と月の影響:インナーセルフとエモーション

占星術入門

占星術の世界では、太陽と月は私たちの人生に大きな影響を与えるとされています。

太陽は「インナーセルフ」を表し、月は「エモーション」に関連付けられています。

今回は、具体例や数字を用いて、太陽と月が私たちにどのような影響を与えるのかを解説していきます。

太陽について

太陽は、私たちが生まれたときの星座(太陽星座)によって決まります。

太陽星座は、私たちの基本的な性格やエネルギー、アイデンティティを示すと言われています。

例えば、獅子座の太陽星座を持つ人は、自己主張が強く、リーダーシップを発揮する傾向があります。

また、蟹座の太陽星座を持つ人は、家族や友達に対する愛情が深く、人間関係を大切にします。

月について

月は、私たちが生まれたときの月星座(月がどの星座にあったか)によって決まります。

月星座は、私たちの感情や直感、内面の世界を表します。

例えば、魚座の月星座を持つ人は、感性豊かで、感情が表に出やすい傾向があります。

逆に、山羊座の月星座を持つ人は、感情を内に秘め、現実的な考え方をすることが多いです。

太陽と月の相互作用について

では、太陽と月がどのように相互作用するのでしょうか。

太陽星座と月星座が同じ場合、その星座の特徴が強く現れます。

例えば、双子座の太陽星座と双子座の月星座を持つ人は、コミュニケーション能力が高く、知的な面が強調されます。

このような場合、その人のエネルギーは一貫性があり、理解しやすい傾向があります。

しかし、太陽星座と月星座が異なる場合、その人の性格や感情に多面性が現れます。

例えば、牡牛座の太陽星座と水瓶座の月星座を持つ人は、インナーセルフでは安定を求める牡牛座の特徴がある一方で、エモーション面では自由を重視する水瓶座の影響が強く出ることでしょう。

このような場合、その人の性格は矛盾する部分を持つことがありますが、異なる面を持つことで魅力的でユニークな個性が生まれるのです。

さらに、太陽と月の相互作用は、恋愛や人間関係にも大きな影響を与えます。

例えば、太陽星座が相性が良いとされる星座同士でも、月星座が相性が悪い場合、感情面でのすれ違いが生じることがあります。

そのため、恋愛や人間関係を考える際には、太陽星座だけでなく月星座も意識してみると良いでしょう。

月星座を知るには

では、どのようにして自分の月星座を知ることができるのでしょうか。

月星座は、生年月日、出生時間、出生地を入力することで、オンラインの占星術ツールを利用して調べることができます。

自分だけでなく、パートナーや友人の月星座を調べてみることで、より深い理解が得られるでしょう。

このように、太陽と月は、私たちのインナーセルフとエモーションに大きな影響を与えます。

占星術の知識を活用し、自分自身や周りの人々をより深く理解することで、人間関係や恋愛がより充実したものになることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました